読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

桃栗燕越南記録

2004年〜2014年の10年間仕事でベトナムに滞在。一度帰国した後、2015年桃と一緒になって燕が生まれて子育てベトナム生活が始まる。日々の記録とアウトプット。

日本より

日本入して既に四日目

時間はドンドン過ぎていくものである…



いままで20回以上は乗った飛行機だが この度のフライトで初めて

お客様の中にお医者様もしくは看護師様はいらっしゃいませんか?とのアナウンスを聞いた


離陸後一時間は経った頃で

時間は既に深夜1時ごろ

眠気で頭が朦朧としている所でのアナウンスである

容体の悪くなったと思われる人は席が離れていたので状態はわからなかったが日本までは危険だと言う事でそこからまたホーチミンへ引き返す事になった

事も事だし時間も時間だけに周りの乗客も誰一人文句をこぼす人がいなかったのはすごいなぁと思ったのだが

自分も妊娠31週目で100%問題が起こらないとは言い切れない状態なので

再度フライト後にうっかり切迫早産なんかになってしまったら

本当にどうしたものかと気が気でなかった

幸い何事もなく日本へ到着したのだがこんな時に限って

これまた初めて友人と空港で待ち合わせて荷物の受け渡しとモーニングなんかしようと約束していたのだ

三時間遅れになったのでさすがに帰ったかと思ったが仕事しながら待っていてくれたようで無事再会

ベトナム在住だった友人はさすがベトエアですねと笑い飛ばしてくれた

ベトナムやらアジア圏在住経験者は遅れに対して非常に寛容というのか慣れ過ぎていておかしい


結局チェックインの際

医者に書いて貰った診断書を何も言わず提出してみると特に妊娠何週がどうのとも言われず席を変更しておきますねーと

あっさり妊婦対応

隣が空いている席に変更してくれたので長時間のフライトになったが横になれて良かった


しかしVN320便

自分の席から近いトイレ二つが故障して使えず、、、

離れたトイレに並ぶのも面倒で

我慢して着陸後にすぐかけこんだ

関空の明るくキレイなトイレで見た自分のあまりに荒んだ顔に

ショックを受けたのは言うまでもない…