読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

桃栗燕越南記録

2004年〜2014年の10年間仕事でベトナムに滞在。一度帰国した後、2015年桃と一緒になって燕が生まれて子育てベトナム生活が始まる。日々の記録とアウトプット。

占い

占い

 

32年間生きて来た中で

雑誌の星座占いぐらいなら

ちょろっと読んだりしたけど

それも雑誌によって乙女座と天秤座で日付が違ったりして

適当だよな〜とあてにすることもない存在だった

 

25歳ぐらいのとき

一時帰国して友だちと遊んでいる時に

占いの館的な所があって

興味本位でやってみる?なんて足を踏み入れようとして

占いの際の説明を良く読んでみると

「お悩みのある方」

その当時わたしには一切の悩みというものがなかったのである

 

これってさ…悩みなかったら受けられないね

帰ろうか うん…

 

人生初だったはずの

本格的な占いを受けることなく過ぎてしまった

 

そもそも知らない他人に将来を言い当てられたとして

それが何になるのだ?という考え方だったので

身近にそういった人がいて

周りはきゃあきゃあ聞きに行っていたけれど

私は頑なに聞こうとはしなかった

 

しかしながら

私はヒーリングとか星の動き 月の満ち欠け 気の流れといった

スピリチュアルも絡む話に非常に興味がある

科学がいくら発展しようとも

解明されない事や説明出来ない事象はこの世に山ほどあるからだ

 

さて

昨日は夏休みも終わりに近づいているような

真っ青な空でいい天気で

カフェに茂る木々

大きなバナナの葉っぱや色々な南国の木の実が

一層美しく輝く仕事日和

 

先週とは打って変わって

お客さんは全然来ない

それでも気持ちが良い天気ならではの

ゆったりとした時間の中仕込みをしていた

 

するとふらっと1人で現れた友人

彼女が来るとき大体他のお客さんが来ない らしい

 

今日はここがもうすぐ閉店するということで

彼女がもう1人友人を連れて来て

せいこへ 旅立つ前にその友人が餞にきたとやってきた

 

その餞が 占い であった

 

彼女は整体師でありレイキを扱い

タロット占いと数秘術をする

 

 

面白いのがせいこは

勝手に占われてしまう人生なのだという

自分から足を運んだ事はないのに

周りの人たちが興味をもって占ってくるのだそうだ

そして今回もまさしく惹き付けてしまったわけ

 

過去現在未来をタロットカードで占ってもらった

結果がすごかった

数あるカードの中で思わず手をたたいて大騒ぎしてしまう程の

せいこならではの ぶっとんだ面白いカードが出た

出たカードに対して何かしら後付けの意味が出来るだろう

とも思えるかもしれないが

私がやるとこれがまた

ものすごく地味な優しさと非常に苦労しています

じわりじわりと努力して勇気を出すこと

といったカードが出てくれるのだ 笑

 

未来に関してはあくまでアドバイスであって

現状をそっちに向けて良い方向に変えていくと

その後過去が変わって行くらしい

(現在で出たカードが後から引いて過去に出たりすると乗り越えたというような意味)

 

出たカードに自分を当てはめることで

あくまでその人の心持ちを冷静にして考えさせる

ところがタロット占いの重要なポイントなのではと思った

人は何かしら心にひっかかることがあれば

自ずとその思いを連想し始めるだろうから

 

占ってくれた彼女自身が非常にほんわかと面白い人だったので

引き込まれた事もあるだろうけれど

もっとも気になったのが数秘というものだ

彼女がその話を始めると

せいこが一瞬で それ知ってる わたし33って昔言われた

 

人間には生まれた時からの天命があって

それぞれが持つ数字があって

普通は1〜11であるところ

とんで22があり

更に稀に33がいる

 

せいこの周りにはめったにいないはずの33が沢山いたのだとか…

33の数字を持つ人は魔王か天使?神?といった

人並みはずれた能力を持つ存在になる天命

 

友人は11でこれはスピリチュアルな所が強い数字で

占ってくれた方は22 これは更にそれを広めようとする天命といった感じで

このよく晴れた気持ちの良い空の下に

お客さんは誰もこなくて

私たちは仕事を放り出して

じっくりのんびりこの話を続けられたのは

偶然にして必然のような気にさえなってしまった

 

持って生まれた性格というのは必ずあるし

人には相性がある

数秘を知ると納得する事が出て来るから

人に優しくなれたり

自分がずっと悩んでいた事が理解出来て来たりして

(天命は一つの数字でも今現在持っている数字など色々種類があり

例えば安定を求めたい自分と思いっきりやってしまいたい自分が存在するときは

二つの数字がせめぎあったりしているとか それを客観的にわかると人は安心する)

解決の糸口に向かったりするそうだ

 

面白いと思う

 

私は私だと ずっとある意味自分を信じて

悪く言えば意地をはって生きて来たから

ちょっとここらで人から意見を言われてもいいのかなと

ふと 思った

 

後悔はしてないけど

決して成功はしてない うん そう

散々頑張ったのにどちらかというと

最後に波から落ちてしまった自分 

きっと今まで自分が見て見ぬ振りして来た事が沢山あるのだ

 

早速 桃と予約入れた 笑

楽しみ